仕事内容

人の暮らしと深く関わるダイエーらしく、店内の医薬品売り場ではお客様との距離も親密。
セルフメディケーションをサポートするOTC担当薬剤師や登録販売者、処方せんの提供を通して医療に貢献する調剤担当薬剤師、事務処理を担う調剤事務と、それぞれの立場から、地域で暮らす人々の健康を支えています。
さらには店舗運営に携わる管理薬剤師や、各店を指導する本部スタッフなど、描けるキャリアプランも多様に広がります。

勤務 薬剤師

勤務 薬剤師

調剤・OTCともに経験でき、スキルが磨ける環境

医師の処方せんに基づいた薬品を販売する調剤業務、市販薬を担当するOTC業務のいずれかを担当します。調剤担当は処方せんに応じた薬のピッキング、選択した薬が正しいかを確かめる鑑査、お客様に説明してお渡しする投薬を分業で行います。OTC担当はお客様の相談を受け、症状や体調に応じて適切な薬や健康関連商品を提供します。管理薬剤師への昇格を視野に入れる場合は、知識が偏らないよう両方のキャリアを経験できます。

管理 薬剤師

管理 薬剤師

接客から人材管理まで担う、店舗運営の要

ダイエー各店舗の医薬品売り場における責任者のことを指し、各店に一人が配属されます。勤務薬剤師がキャリアアップした職位で、薬剤師としての業務に加え、売り場スタッフの勤怠管理をはじめとする店舗運営全般を担当。薬事法や薬剤師法に関する法律、医療保険に関する知識の他、スタッフ全員のモチベーション喚起にも努めるなど、店舗全体を見渡す視野が求められます。職域の幅が広がる分、成果への達成感も大きくなります。

巡回 薬剤師

巡回 薬剤師

キャリアを活かし、人員不足の店舗を応援

人員が不足している店舗に出向き、主に調剤業務を担当します。薬剤師としての勤務経験が採用の前提で、研修によりダイエー規程のオペレーションを学んだ上で、担当エリアの各店で勤務します。各エリアの教育指導役として期待される職種です。

CMD (仕入担当責任者)

CMD (仕入担当責任者)

全国展開するダイエーの、医薬品分野を統括

ダイエー本部の方針に則って業務目標を策定し、商品の選定と仕入れ価格の調整を担う、医薬品事業を統括する職種です。新規出店時には、商圏の市場調査や試算作成、出店候補地の選定や開局場所の精査、さらには薬局エリアのレイアウトと機器構成まで、職域は多岐にわたり、SVやMDの意見も集約しながら提案を行います。また既存店が抱える課題の解決に向けてSVと連携して対応策を検討し、改善に向けて取り組みます。

SV (スーパーバイザー)

地域性の徹底した分析で、担当エリアを導く

担当エリアのダイエー内にある各薬局の運営を、管理・指導するポジションです。管理薬剤師として店舗運営に携わった経験、培った知識とスキルを活かし、本部と各店舗の橋渡し役として活動します。CMDと同様に本部に勤務し、各店舗を巡回してそれぞれの課題を精査・分析し、地域に愛される売り場づくりのために、調整を行います。新規出店の際にはCMDと協力して市場調査等に携わり、オープニングスタッフの教育も担います。

登録販売者

商品紹介を通して、健康を支えるアドバイザー

各店舗内にある医薬品売り場にて、OTC医薬品の販売に携わります。総合スーパー・ダイエー内での勤務ということで、医薬品の他にも健康食品や介護用品など、扱う販売品目も多彩。お客様のニーズを的確に把握して商品を選び、用法や注意事項を分かりやすく説明するコミュニケーション能力が求められます。身近な立場でありながら、健康指導のスペシャリストとして地域の人たちに頼られることが、大きなやりがいになります。

調剤事務

調剤事務

調剤部門を、窓口業務と事務作業で支える

ダイエー店内の調剤薬局において、窓口としてお客様に接します。受付時には患者から処方せんやお薬手帳を受け取って記帳し、保険証の確認などを行います。新規患者の場合は、問診票への記入をお願いし、病歴・アレルギーのヒアリングと併せてデータベースへの入力を行います。また通院歴のある患者の場合は、お薬手帳と処方せんを照合して確認します。会計時にはレジを担当し、レセプトの集計と診療報酬の請求を行います。

「社員の半生」
「社員の休日」
  • パート•契約社員募集
  • キャリア採用 募集

ページの先頭へ戻る