社員紹介

Staff Information 04 気の利いた接客の秘訣は、よりそうように耳を傾けること。

調剤事務として働いていると、受付の際に名前をお呼びするので、お客さまとの距離がとても近く感じられますね。買物の前後にいらっしゃる方も多く、常連のお客様になると何気ない日常会話をしてくださる方もいて、日々の暮らしの温もりが感じられる明るい雰囲気は、ダイエーならではだと思います。

接客中とくに心がけているのは、お客さまの話をよく聞くことです。ミスが無いよう心がけ、きちんと要望を汲み取れるよう努めています。ちょっとした気配りが大切で、例えば混んでいるときには処方箋の内容と店内の状況を見て、いつ薬を渡せるのか目安を知らせ、待ち時間は薬局を離れても問題ないことを伝えれば、ストレスを軽減できるはず。効率よく案内することで「ありがとう」と感謝していただけるのも、この仕事の醍醐味ですね。

実は私はもともと顧客サービス課に所属していて、入社当初は食品売場のレジ担当として働いていました。当時、薬局の受付担当が少なかったので、応援に来て、そのまま配属になったのです。母が看護師をしていた影響で医療に興味があったものですから、知識が増えてくるにつれて接客の幅が広がることに、自然と意欲も高まったのを覚えています。すぐに講座に通い出し、3ヵ月で調剤事務管理士の資格を取得しました。今後も、後輩の指導などをしながら自分自身の調剤事務のスキルアップも行っていきたいと思っています。

未来の仲間へメッセージ

最初はどんどん周囲の先輩を頼ってください。私も働きだしたころは、知識がないのに自分一人で解決しようとし、結局お客さまを待たせてしまったこともありました。そんなとき「分からないことは周りに聞けばいい」との先輩の助言があり、実際のフォローも手厚く、肩の力が抜けた覚えがあります。充実した福利厚生と併せて、そうした助け合える関係性が、ダイエーで長く働き続ける人が多い理由だと思います。

社員紹介一覧

  • 薬剤師(調剤)
  • 調剤事務
「社員の半生」
「社員の休日」
  • パート•契約社員募集
  • キャリア採用 募集

ページの先頭へ戻る